ワサワサブログ

ワサワサブログは本家「ワサワサ -りうか's水槽-」の日記が独立したブログです。底面ろ過、エビ(小型シュリンプ)、中国プレコ、胎生メダカ、貝などが大好き、続に言うアクアリウムな感じです。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
ワサワサ -りうか's水槽-

ワサワサは、ワサワサブログの本家に当たるサイトです。 本家では底面ろ過を基本とし、水草と浮草の間引きによる水換えなし長期安定飼育をおこなっています。 ワサワサの日である2010年3月3日に復活しました!
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
みどりうかRING
みどりうかRING ランダム 一覧
前へ 次へ
密放流はやめよう

私りうかは、生き物を最後まで責任もって飼育する事をここに宣言します。
魚・水生生物関連ニュースTB
お奨め
キョーリン 上部フィルター用ろ過材 3Dマット
ヘタレにくく洗って長く使えます。

バナー
りうかはリーズナブルで高品質なウィルコムを使っています。そして余ったお金は水槽へ投入(=ω=。
SPONSORED LINKS
<< 両生類の致死率90%以上! 「カエル・ツボカビ症」日本上陸 | main | ヌマエビによる外来種問題がついに始まってしまったのか >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
カエル・ツボカビ症は既に日本に上陸している!?
以前お伝えした感染したカエルの90%以上が死ぬ 「カエル・ツボカビ症」ですが、予想以上に日本国内に侵入してきているようです。

感染カエルは20匹超す ツボカビの感染拡大(Web東奥1/20)

リンク先記事によると、1月20日までに感染が確認された個体は20引きを超え、うち9匹が発症していたんだそうな。
また発症が確認された内、既報の都内の個人飼育の個体4匹以外は、埼玉県内の小売店2ヵ所で見つかったんだそうな。
また発症していないが感染している個体の中には、アロワナの餌として輸入されたウキガエルもいたそうです。

このことを考えると、既に日本国内では愛玩目的、餌用どちらでもツボカビに感染したカエルが輸入されていると言っても過言ではないでしょう。
それどころか、水換え等の排水によって日本の自然下に流出している可能性すらあると言えます。
なんとも恐ろしい話です。

ここまで感染が広がっているということは、カエル愛好家だけではなく大型魚などを飼育している人にも注意を呼びかける必要があるでしょう。
リンク先記事では『中米などの発生国からの輸入を避け、繁殖場などでも検査を行うことをペット業者らに呼び掛ける』という動きがあるとも伝えていますが、ペット販売店や熱帯魚専門店などは自らが責任をもって呼び掛ける必要があるのではないでしょうか?
せめて飼育水などを捨てる時には、ハイターで消毒するなどの配慮は必要なのかも知れません。

▼参考リンク▼
両生類の致死率90%以上! 「カエル・ツボカビ症」日本上陸(ワサワサブログ1/13)
| りうか | ニュース記事などへ | comments(0) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |











当方では、トラックバックはリンクした上で行う事が本来の使い方だと思っています。従ってリンクやURL紹介などをせずにトラックバックを送ってきた場合は削除する場合もございますので、その点御了承下さい。
URL→ トラックバック機能は終了しました。
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/30 8:33 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/30 6:48 PM |
環境省が外国産カエルの流通状況調査へ
環境省がツボカビ調査 カエルの流通状況など(Web東奥2/1) ツボカビ症の確認受け対策 野生カエルへの感染防止(asahi.comサイエンス2/1) カエル・ツボカビ症が日本に上陸したことをうけて、環境省が外国産カエルの流通状況調
| みどりうかブログ | 2007/02/01 9:59 PM |